オフィス家具のカラーコーディネイト例をご紹介!

おしゃれなオフィスデザインが増えてきた昨今、「古いオフィスを一新、イメージを変えたいけれど大規模な工事は無理だし、、、」と思われるかもしれません。

しかし、家具のカラーコーディネートを変えるだけで、オフィスのイメージは見違えるようにスタイリッシュになるのです。また、カラーコーディネートにはオフィスで働く人の意欲を増したり、リラックスさせたりという効果が期待できます。

この記事では、色の持つ効果とオフィスにおすすめのコーディネートの例をいくつか紹介します。

1. 色の持つ効果

色の持つ効果をいくつか紹介します。

1-1.赤

赤には興奮や元気を引き出し、人の本能を刺激する効果があります。

クリエイティブな発想をする必要があったり、活発な意見を交わす必要があったりする場合には赤を配色すると良いでしょう。また、人の目を強力に引き付ける効果もあるため、強調させたい部分に使用すると良いでしょう。

1-2.青

青には冷静な判断を促し、集中力を高める効果があるとされ、オフィスでは重宝されありが多用されています。ただし濃い色なのでパーテーションなど、大きな面積を占める家具を青にしてしまうと圧迫感でてしまうので気を付けましょう。

1-3.ダークブラウン

ダークブラウンには堅実な印象を与え、落ち着きのある空間にする効果があります。さらに

物事を受け止めやすくするという効果も期待できます。

1-4.緑

緑にはリラックスさせ、疲れを和らがせてくれ、癒す効果が期待できます。また、健康や成長といったイメージを喚起させてくれる色でもあります。

1-5.オレンジ

黄色と赤の混合色であるオレンジは空間をパッと明るくし、コミュニケーションを活発にさせる効果があります。また、デザイン業界では「配色に困ったらオレンジ」と言われているほど使いやすい色としても知られています。

2.オフィスにおすすめのコーディネートの例

オフィスにおすすめのコーディネートの例を部屋の目的ごとに紹介します。

2-1.エントランス

エントランスに高級感を出すためにはメインカラーにダークブラウンを持ってくると効果的です。エントランス正面デスクなどに天然木でダークブラウンを効かせるのがおすすめです。

また、エントランスを明るい印象にするならオレンジがおすすめです。エントランス正面のパーテーションをオレンジに、その他の家具には白を多用して重くなりすぎないようにするのがおすすめです。

2-2.作業部屋

作業を行う部屋や集中するための部屋は青色を使用すると良いでしょう。その場合、空間を青のパーテーションで空間を区切るのが簡単にできる方法としてお勧めです。

2-3.会議室

活発な意見を交換する必要がある会議室にはオレンジ色を使うと良いでしょう。椅子の背もたれや座面がオレンジのものを取り入れたり、カーテンやブラインドをオレンにしたりなどの方法があります。

2-4.休憩スペース

休憩スペースには疲れをとってリラックスさせてくれる緑がおすすめです。緑のソファや椅子などを配置し、さらには観葉植物で自然な緑を取り入れるとより効果的です。

3.まとめ

色の持つ効果とオフィスにおすすめのコーディネートの例を紹介しました。

オフィスのカラーコーディネートを見直すだけでオフィスの印象を大きく変え、仕事の能率を上げる効果が期待できます。オフィスのイメージ刷新や労働環境の見直しのために、気軽に取り入れられる家具でのカラーコーディネートをおすすめします。