収納家具と役員家具のチョイスの仕方

オフィス用の収納家具は収納する物の種類や量によって、いろいろなタイプの物が市販されています。仕事の能率をアップすることを考えるのであれば、目的に合わせた家具選びがお勧めです。

収納家具のレパートリー

何が入っているか一目両全のオープン書庫は、書類の管理がしやすいというメリットがあります。よく使う書類の収納には最適な家具ですが、セキュリティの事を考えるのであれば、収納可能な書類が限定されてしまうというデメリットもあります。両開きタイプの書庫は観音開きの戸がついていますので、書類の整理を簡単に行うことができます。しかしながら、扉を開くための十分なスペースを確保しなくてはなりません。

部屋の状況に合わせた家具選び

引違タイプの書庫は狭い場所であっても設置できるというメリットをもっていますが、中央部分にある書類は取り出しにくくなってしまいます。ラテラルタイプの書庫は引き出しに書類を収納しますので、大型の書類を管理しやすくなります。上下タイプの書庫は書類の種類によって、上下を使い分けることが可能です。

役員家具のバリエーション

役員家具は社長室などにおかれる家具で高級感にあふれるものが使われています。サイドボードなどもおかれます、威厳を保つためにデザインも木目調などの物が使われることが多くなっています。役員室におかれる机は一般的にオフィスにある机よりも大きなものとなります。併せて機能面を充実させることも必要です。書類の整理を簡単に行うことを可能にしてくれる仕様となっています。

役員室の役割を考える

役員室はそこで仕事をすること以外に会社にとって重要なお客様をお迎えするという役割も担っています。ですから、役員室におかれる家具はおもてなしの意味合いを持ったデザインとすることが必要です。ゆったりとお客様にくつろいでもらうことを考えて、革張りで高級感のあるソファーセットを設置することが一般的です。

まとめ
収納家具と役員家具は会社にとってなくてはならないものです。収納家具は書類を収納整理することがその役割なので、機能性を考慮に入れることが求められますが、同時にセキュリティの面も考えなくてはなりません。役員家具は会社の威厳を示すために、立派なものが使われますが、来客をお迎えする機能も持っていますので、ゆったりとくつろげる空間を演出しておく必要もあります。